読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギターマッチョが読書する

タイトル通りの趣味を持つアラサー社会人です。

僕の仕事は『はけ口』

徴収

僕の仕事は、基本的に地域の人からは好かれない、お金を頂くことに関する仕事です。

この部署は今年で3年目に突入していますが、やはり地域の人、とりわけお金を支払う義務があるにも関わらず、それをしない人とのやりとりは高確率で揉めます。

そうなると、こちらは「いかに払わせるか」。向こうは「いかに払わないか」の交渉が始まります。似た言葉だけど、僕は『折衝』という言葉をよく使います。

 

上手くぼかして書けないけど、向こうの言い分としては「そのカードを持つことで使える権利を行使していないんだから、払う義務は生じない!」というのを感情たっぷりにぶつけてきます。

本質はそうではなく「そのカードを持っていることで既に支払い義務は生じている」が法的に正しいのです。

怒りをぶつけまくる人は、最終的にまあ気前よく払ったりします。

人間の怒りはせいぜい10分保てばいいほう。

ただいくら仕事だからと割りきったところで、デリケートな人がこの部署に来ると、街に買い物に行けなくなったり、心を病んでしまう人もいるようですね。そらそうですね。

 

今週の一冊

 

ハーバード流交渉術 (知的生きかた文庫)

ハーバード流交渉術 (知的生きかた文庫)

 

 そんな(かなり)つらい交渉を上手く乗り切るためには、ある程度の口の上手さは必要です。ということでこの本をチョイス。

届いたら感想を後ほど。

というか、他の本も読んだら書評ブログとしてもここを活用してみようか。

たしかそういう目的も当初はあったような…

 

今日の鬼まんじゅう

f:id:cman_jp:20160117225446j:plain

相変わらずかわいい(でしょ?)。言わずもがな、このあと泣きます。ギャン泣きです。